1つに絞れない場合は比較して3枚以内に絞ろう

比較する女性

これまでにも述べてきたように、クレジットカードはじっくりと比較をして、絞って作るようにしますが、必ず1つというわけにもいかないこともあると思います。

そのような場合であっても、できるだけ少ない枚数に絞る方がよいでしょう。

クレジットカードが多ければ多いほど、管理も大変になりますし、会費等の維持費も積もれば、家計の中では馬鹿になりません。

また、自身の収入によって、クレジットカードの限度額が決まってくることがありますが、クレジットカードを多く持つことによって、クレジットカードを分けて利用して、利用分の支払いになると、その月に支払う金額がとんでもない金額になっていたとなることも考えられます。

そして、支払えなくなりますと、クレジットカードを強制的に契約解除という形となり、クレジットカードを利用することはもちろんのこと、新たなクレジットカードを作ることもできなくなりますので、自身が利用出来る範囲内でのクレジットカードの所持、利用にしていただきたいと思うのです。

クレジットカードの保有は1枚でなくても、3枚以内に留めておきましょう。

3枚ありますと、便利ということもありますが、クレジットカードを維持することができるギリギリの枚数ではないかと思います。

クレジットカードを比較することは決して、作るときだけではなく、不要なクレジットカードを整理するときも同じです。

ちょっとクレジットカードの枚数が多いと感じましたら、持っているクレジットカードを比較して、不要なクレジットカードは解約しましょう。

【参考】マイカーローン金利比較

 

ライフスタイルを考えたクレジットカード

クレジットカードを比較する上で、IC乗車券など、特定の利用ができる付加機能がついているクレジットカードは普段の生活において使えるものであるかということが比較する基準となります。 IC乗車券の場合は公共交通機関による通勤を […]

多くのところで利用しやすいクレジットカードであるか比較しよう

クレジットカードでは、加盟店と呼ばれるところで利用することができるわけですが、店舗によっては利用できるクレジットカードを限定しているところも少なくはありません。 また、クレジットカードが利用できない店舗も多くありますので […]